TECH CORPORATION

質の高いリサイクルを実現するために。その第一歩は資源を素材別に「分ける」こと。
包装された食品廃棄物をそのまま投入するだけで、「破砕」と「分別」を手間をかけずに瞬時に完了。
資源循環のスタート地点をサポートします。

風の力で食品資源と包装材に、人の手をわずらわせないゴミ分別

ゴミ分けるくん3つの特長

ゴミ分けるくんの特長

簡単操作・・・スイッチを押して、投入するだけ。

コンビニ弁当の場合、1時間あたり約500kgの高速処理能力。
※処理の途中で排出用トレー(食品資源用/包装材用)がいっぱいになった場合は、取り出しを行う必要があります。
※投入物によって、処理時間が変わります。

簡単操作...スイッチを押して、投入するだけ

包装された状態の食品廃棄物をそのまま投入。破砕・分別後、自動的に食品資源用トレーと包装材用トレーに排出されます。
※破砕羽根の回転数を調整することにより、多様な食品廃棄物に対応します。

衛生的...ウォータースプレーで効率よく分別

ウォータースプレーノズル搭載で内側に付着しやすいご飯類や麺類を簡単に落とし、効率よく分別できます。
※ウォータースプレーでの自動洗浄は簡易的なものであり、油汚れや細部までの完全な洗浄を行うものではありません。

用途に合わせてカスタマイズ

処理するものの特性によって、各部をカスタマイズ可能。様々な食品業種に対応いたします。
※場合によっては処理できないものもあります。

カスタマイズ実例 魚型醤油入れの分別
課題 標準仕様のゴミ分けるくんで処理する場合、プラスチック容器が小さいことから、破砕が困難。
解決策 特殊仕様にカスタマイズ

[カスタマイズ1]破砕用ブレードの形状変更

 魚型醤油入れの小さなプラスチック容器でも破砕できるよう、破砕用ブレードを細密化。

標準仕様(分別率50%)→特殊仕様(分別率99%)
分別板のパンチング径変更。プラスチック片が混入しづらくすることで、分別率を向上。
標準の取扱説明書に加え、カスタマイズした箇所についての使用説明書を制作し、ご提供します。

page_top