TECH CORPORATION

ファインアクアは、非常に微細な気泡[ファインバブル]を液中で発生させる装置です。通常の気泡は発生後すぐに水面へ浮上し外部に放出されてしまいますが、[ファインバブル]は浮力の影響を極めて受けにくく、水中に長期間溶存することができます。これにより、例えば溶存酸素量が非常に高い溶液などを作ることができ、生物活性作用など様々な可能性が生み出され、多分野における新たなニーズの開拓が期待できます。

ファインアクアが生み出すファインバブルとは?

一般的に、マイクロメートルサイズ(10-4メートル)以下の微細な気泡が「ファインバブル」と呼ばれています。
それらの中でもナノメートルサイズの気泡をウルトラファインバブルと呼びます。


ナノバブルとは

液中での挙動

通常の気泡(直径1mmの気泡)の場合、右図のように液中ではすぐに浮上して水面で破裂してしまいます。しかしファインバブルの場合、図右のように液中でブラウン運動(微細振動)をしながら、浮力の影響を受けずに液中に長時間にわたり滞在することが確認されています。


液中での挙動

発生方法

[ファインアクア]では、円筒内部の外周接線方向に気体と液体の混合体を、ポンプを用いて高速旋回流を発生させます。その高速旋回時に摩擦を生じさせ、ファインバブルにまで微細化することを可能としています。

発生方法

4つの特性

①生物活性作用

非常に微細な気泡であるため、生物の酸素の吸収が促進され、活性化の傾向が見られる。微生物、植物等の成長促進、有機物の分解促進等が確認されている。

②気泡表面特性

気泡の表面がマイナスの電荷を帯びており、液体中の物質を吸着したり、その他の材料の表面に付着する特性がある。材料の洗浄、液中のプラス電荷を帯びている物質を析出させる成果が確認されている。

③酸化作用

気体に酸化力のある物質(オゾン等)を利用し、微細気泡の特性を活かし、浮力の影響を受けず、また、気泡の大きな表面積を利用し、気体の持つ効果を有効に液中の物質に対して、影響を与えることが可能である。二酸化炭素による中和の効率化等も検証されている。

④液性の変質

液体の中に微細気泡が存在することにより、元の液体の性質(酸化還元電位、熱伝導性、圧力分散等)様々な要素で変質の可能性が模索されている。

広がる可能性

10億分の1メートルという微細なファインバブルゆえに、マイクロメートルサイズでは入り込めない隙間に入る事ができ、そこにある汚れや臭いの元を吸着させ、剥離します。

洗浄イメージ

洗浄イメージ

page_top